備前・雄町 こだわりの地酒蔵 -利守酒造- 2010 6 月
備前・岡山 こだわりの地酒蔵 -利守酒造-
利守酒造
地酒に対する心意気
酒づくり
酒づくりにかける職人たち
蔵元概要
醸句通信
蔵元情報
商品情報
蔵元直送
愛飲者の声・モニター募集
利守酒造 酒一筋
Toshimori Shuzo

2010年6月30日

この黒いかたまりは

カテゴリー: 酒蔵, — sakehitosuji @ 3:35 PM


 夏の風物詩ともいえる粕掘りですが、実際に留粕
を使用して漬物を作るとどうなるのか?
ちょっとビンテージ物になってしまうのですが・・・
写真の瓜は、今年で14年目、14年物の瓜になります。
14年間漬けっぱ無しという訳では無く、毎年漬け替え
を行います。(留粕を古い物から新しい物へ替えます)
子供の頃は、この漬け替えの作業の時に出る古い粕を
利用して魚をよく獲りに行きました。
(これが、驚くほど魚が集まってきて獲れるんですよ)
漬け物自体はここまでくると歯ごたえは無くなってきますが、
なんとも言えない奥深い味わいがあります。
野菜(瓜)だけでなく肉や魚を漬け込んでも美味しいです。
(肉や魚は数日で充分ですが)
是非お試しください!

2010年6月28日

雄町の田もさんぱつ

カテゴリー: 酒一筋・”雄町”試験田・赤磐雄町 — sakehitosuji @ 11:42 AM


 雄町の稲も成長しますが、、悲しい事に田の周り(畔)の
雑草も成長します・・・。
畔の草刈りは米作りの大事な仕事で、収穫まで何度も行わ
れるれる仕事です。
畔の草が伸びると風通しが悪くなり稲が病気にかかり易く
なります、これを防ぐために必須。
写真:草刈りを行う人間の右側:雄町(酒一筋)、左側:飯米(ご近所の田)
どれだけの間隔をあけて苗を植えるかも重要なポイントです。
収穫量を上げようとつめて植えると、収穫量は上がるかもしれ
ませんが、品質的な事も出てきます。
米作りも毎年が勉強です!
(続きを読む…)

2010年6月25日

酒一筋の菰樽

カテゴリー: 酒・SAKE — sakehitosuji @ 11:29 AM


 酒一筋の菰樽(1斗)の湯ごもりを行っています。
菰樽はお酒を入れる前に木の灰汁を抜くため湯をはる
必要があります。(この作業を湯ごもりと呼びます)
四斗樽サイズの菰樽が続いていたので一斗樽は久々、
しかも小さく感じてしまいます。
「どのくらいのサイズですか?」とよく尋ねられるので
隣に一升瓶を並べてみました、いかがですか?
小さいでしょう、でもこの中には一升ビン10本分の
お酒が入ります。
この樽は開店祝で使用されるそうですが、人数が集まれば
真夏のバーベキューパーティー等にも菰樽はいかがでしょうか?
粋で良いかもしれませんよ!

2010年6月24日

グランドゴールドメダル受賞

カテゴリー: 蔵元情報 — sakehitosuji @ 11:46 AM


 2010年 モンドセレクション国際コンクール 酒類部門
       ”赤磐雄町ゴールド” が
    「グランドゴールドメダル(最高金賞)」を受賞

雄町サミット

カテゴリー: 蔵元情報 — sakehitosuji @ 11:23 AM


雄町サミットが今年も開催されます!
今年は酒一筋・杜氏 田村の講演もあります。

  • 日時:9月22日 15時~
  • 会場:泉ガーデンギャラリー
    東京都港区六本木1-5-2
  • 講演 杜氏が語る「酒米 雄町の魅力」 利守酒造杜氏 田村 豊和
    15:20~15:40
  • 対談 「洋食での日本酒のすすめ」 プティポアン・オーナーシェフ 北岡尚信 × ソムリエ 木村克己
    15:50~16:30
  • きき酒会・懇親会(立食) ●朝日米を使った「岡山黄ニラばら寿司」実演! 
    ●岡山の特産品「ニューピオーネ、蒜山ジャージー乳チーズ」等ご賞味頂けます
  • 参加費:5,000円(税込)
  • お申込・お問合わせ:JA全農おかやま 米穀部米穀課 086-234-6876 担当:ほんいでん
  • 軽部からの便り

    カテゴリー: 岡山, 軽部 — sakehitosuji @ 10:09 AM


     酒一筋が年6回発行している新聞「軽部村便り
    の編集、印刷が終わり郵送準備中です。
    前号からちょっと時間が空いてしまいましたが・・
    39号無事完成です。一日でも早くお届け出来れば
    と思い封筒入れ、封印(糊付け)作業と行っています。
    今しばらくお待ちください!

    2010年6月23日

    グランドゴールドメダル

    カテゴリー: 酒・SAKE — sakehitosuji @ 9:46 AM


     モンドセレクション事務局から送られてきました、
    グランドゴールドメダル(最高金賞)の賞状とメダル。
    今年はさらに連続受賞した栄誉で”HIGH QUALITY TROPHY”
    も一緒に受賞致しました。
    何時か授賞式に参加してみたいものです、なかなかそんなチャンス
    はやって来ないでしょうが・・・・・。
    授賞式はご招待なのですが交通費は自費ですからね(当たり前ですが)。
    酒一筋でグランドゴールメダル(最高金賞)を連続受賞したのは
    赤磐雄町ゴールド
    (よく知られている「赤磐雄町」のワンランク上の”赤磐雄町”になります)
    また来年も受賞出来るよう米作りから頑張っていきます!

    2010年6月21日

    梅酒の仕込中

    カテゴリー: 酒・SAKE, 酒蔵 — sakehitosuji @ 11:54 AM


     本年度(2010年)の梅酒の仕込中。
    昨年仕込んだものはすでに梅の実を引き上げ、タンクからビン詰
    が完了しております。
    タンク1本で回しているため、前の物を先に詰口まで行ってしまわ
    ないと、次の仕込みが出来ません。
    純米酒仕込の無糖・無添加「じゅんまいうめざけ」、微糖タイプの
    辛口・純梅酒」を飲んで暑い夏を乗り切って下さい!
    (続きを読む…)

    2010年6月17日

    日本酒フェア

    カテゴリー: 国内出張, 酒・SAKE — sakehitosuji @ 9:14 AM


     「日本酒フェア2010」が東京池袋サンシャインシティで、
    今年も「公開きき酒会」と「日本酒フェア」が同時開催。
    私は長期熟成酒研究会ブースのお手伝いとして今年も参加
    してきました。
    (岡山県ブースの方は社長が)
    各県、団体によってブースの装飾も出品酒も違うところが
    参加者にとっては楽しみの一つ。
    その中でも熟成酒(古酒)ばかりが集まった長期熟成酒研究会
    ブースは注目されていました。

    「何年もの・・・」という響きにひかれるのかもしれませんね。
    決して古いから良い、新しいから悪いというものではありませんが・・。
    日本酒にも色々な種類が在り、色々な楽しみ方があるという事をPR
    するうえでも良いイベントだったと思います。
    ブースにお立ち寄り頂きました皆さんありがとうございました!

    2010年6月15日

    地元食材を使用したイタリアン

    カテゴリー: 国内出張, 美味しい, 酒・SAKE, — sakehitosuji @ 10:02 AM


    鳥取県のアンテナショップ・食のみやこ鳥取プラザ2階に
    在る「オステリア・モンテマーレ・トットリーネ」にお邪魔
    してきました。
    岡山と鳥取、お隣の県。
    こちらの「トットリーネ」では鳥取から取り寄せた食材を
    使用してイタリア料理を提供。鳥取の地酒、ワインは勿論、
    さらにイタリアワインとも合わせて楽しむ事が出来ます。
    地元の食とお酒を合わせて試せる(楽しめる)場所が在ると
    いうのは羨ましいですね!岡山も在ればよいのですが。
    今回、鳥取の酒蔵が「強力」を使用した酒造りに力を入れて
    いるという事から、隣の岡山県で軽部産「雄町」を復活させた
    当社と一緒に何か出来ればと言う事で、お店の方からご提案を
    頂きご挨拶方々、打合せにお伺いさせて頂きました。
    美味しい料理とお酒を楽しんでいただけかもしれません・・。
    同じ中国地方でもありお隣同士、今後何かご一緒出来れば良いですね!
    ご期待下さい!

    Newer Posts »

    Powered by WordPress

    個人情報取り扱いについて  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
    ©Copyright1999-2019 利守酒造 Toshimori Sake Brewery Co.,Ltd. All rights reserved.