備前・雄町 こだわりの地酒蔵 -利守酒造- しろさと香が違います
備前・岡山 こだわりの地酒蔵 -利守酒造-
利守酒造
地酒に対する心意気
酒づくり
酒づくりにかける職人たち
蔵元概要
醸句通信
蔵元情報
商品情報
蔵元直送
愛飲者の声・モニター募集
利守酒造 酒一筋
Toshimori Shuzo

2010年2月23日

しろさと香が違います

カテゴリー: 酒・SAKE, 酒蔵, — sakehitosuji @ 11:55 AM

酒一筋・吟醸酒粕酒一筋・吟醸酒粕
 蔵の中では槽(ふね)から降ろしたばかりの吟醸粕を
1kg袋に小分けする作業。
米の品種に依っても違いますが、精米歩合に依っても
酒粕の色、風味が違います。
素材の味がそのまま活かされる甘酒、粕汁等を作った
場合、酒粕の違いがよく分かると思います。
高級酒は造る量も少ないため、当然残る酒粕も限られた
量になってしまいます。

最近は少なくなりましたが「酒粕無いの・・?、つくればいいのに!」
とよくお叱りを受けましたが。日本酒を飲まれない方には、酒粕が
日本酒を搾った後にでる副産物である事をご存知ないんでしょうね・・。
酒粕だけはつくれません。
気温がぐっと下がると酒粕のお問合わせも多いですが、その時にある
とは限りません。(在庫が有る時に限って暖かかったりしますが)
是非、在庫が有る時にお試しください。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

Powered by WordPress

個人情報取り扱いについて  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
©Copyright1999-2019 利守酒造 Toshimori Sake Brewery Co.,Ltd. All rights reserved.