備前・雄町 こだわりの地酒蔵 -利守酒造- 酒一筋・醸句通信    第二六号
備前・岡山 こだわりの地酒蔵 -利守酒造-
利守酒造
地酒に対する心意気
酒づくり
酒づくりにかける職人たち
蔵元概要
醸句通信
蔵元情報
商品情報
蔵元直送
愛飲者の声・モニター募集
利守酒造 酒一筋
Toshimori Shuzo

2004年8月11日

酒一筋・醸句通信    第二六号

カテゴリー: メールマガジン — sakehitosuji @ 1:51 PM

今回のコンテンツ
  1.酒のウソホント
  2.おいしいお酒の飲める店▼ 「両花」 
  3.毎回楽しい「百人一酒」


◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━
◆  醸句通信  No.26   2004.8
◆━━━━━━━━━━━━━━ 酒一筋 ◆◆
 天の与えたすばらしい力を内包する「赤磐雄町米」の米を守り
育て続けている「酒一筋」の蔵元からもっと美味しくお酒を飲んで
頂くために楽しいお酒のお話をお送り致します。
 このメルマガが、ほんのすこしでもあなたのお酒の楽しさに
プラスになればと思っております。
                        利守酒造株式会社
【冷酒】(れいしゅ)
一般的に冷やして飲むお酒を
冷酒と呼んでいます。
お燗するお酒に対して冷で飲
むお酒が冷酒になります。
「生酒」等の普通冷でしか飲
め無いお酒を除けば、冷蔵庫
で冷やして飲めばみんな冷酒
と言うわけです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.酒のウソホント ▽ 省資源と品質保持
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お酒類が紫外線に弱いので、紫外線を通しに
くい茶色の瓶や紫外線カットのグリーン瓶に入っ
ていることはお酒好きの方ならご存じですよね。
では、茶瓶のような紫外線カット能力のある瓶な
ら完全に劣化を防ぐことが出来るのでしょうか?
それは難しいことです。あなたがサングラスを掛
けていても日焼けを完全に防ぐことができないの
と同じです。
茶色の瓶に入ったビールでも、むき出しでトラック
に積まれたのでは当然品質が劣化します。
「今夜はビールがまずい。身体の調子が悪いの
かな」と考え、次にそのビール瓶がどんな扱い
方をされてきたかを考えるのが正解ですね。
お酒類の品質をより安全に貯蔵し輸送するには
どうしたらいいのでしょうか。それは簡単です。
紙で包装したり紙箱に入れたりすれば紫外線の
影響をシャットアウトすることが出来ます。
それじゃ紙パック入りの酒は品質的に安全なの
でしょうか。そうです。でも・・・・・・。
 今、私たち地球人はお酒よりもっと考えなくて
はならない問題があります。それは省資源という
ことです。お酒を入れる紙パックはまだ技術的に
完全ではありません。そのため、紙と紙の間に薄
いアルミ箔がはさんであるのです。そのため、資
源回収ゴミにもならず、消却ゴミにもできないのを
ご存じですか。
ある国から輸入されたワインの空き瓶が廃棄に
困ったとされるのは、ガラスの素材そのものが
劣悪だったからです。
資源回収という面では、ガラス瓶は優等生とされ
ています。これを大事に扱い、紫外線を入れぬ
ように扱えばいいのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.おいしいお酒の買える店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 酒一筋を美味しく楽しみたい方に。
こんなお店があります。是非お立ち寄り下さい。
▽ 「両花」   日曜定休
   東京都世田谷区北沢2-34-8
KMビル2F
      TEL:(03)-3468-6456
    
   営業時間:17:30~01:30  
 下北沢駅から歩いて4、5分のお店です。
落ち着いた雰囲気でじっくりとおいしい肴と
旨い日本酒を楽しむ事が出来るお店です。
下北沢の隠れ家的存在かも?
一度、足を運んでみて下さい。
ご予算:お一人4,000円程度から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.小倉あん子の「百人一酒」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中納言兼輔・ちゅうなごんかねすけ  
  みかの原わきて流るるいづみ川
    いつみきとてか恋しかるらむ
《解釈》
中納言兼輔は、才女として有名な
紫式部の祖父にあたります。
彼が、わずかに見た女性に送った
ラブレターの歌です。
「みかのはら」も「いづみ川」も実在
しています。 兼輔は、わずかに見た
女性を「いづみ川」に見立てて歌にし
ました。
 ■□■平成の百人一酒に酔人詠める歌■□■
   みるからに 湧きて流れる酒の川
    いつ見た蔵か 今も恋しき
 
《解釈》
酒の好きな人ほど酒蔵に出かけ
酒造りを見学しています。
ご飯になるはずの米が、いろいろ
加工、操作されて香り高い酒に変
わっていく不思議さ。
その中でも酒ファンを魅了するのが
絞りの工程、つまり槽(ふね)の所です。
輝いて流れ出る酒に 見とれ、いつま
でも名残惜しそうにしています。
そして思い出すのです。
「あぁ、酒が川になってわき出している」
とつぶやくのです。
##########################################################
 暑い日が続きますが、皆さんお元気ですか!
暑い時には、熱い物なんていいますが・・・
ちょっとお燗酒を飲むのは・・・と言う気分。
こんな時は、味のしっかりとしたお酒をロックで
頂くのもいけますよ。
最近、「きもと純米吟醸」をロックで飲むのが
私は好きです。
「えーロック?」と言われる方も是非一度お試し
下さい。
 稲の方は順調に生長しております。畦の草も
一緒に大きくなるので草刈が大変ですが。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress

個人情報取り扱いについて  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
©Copyright1999-2019 利守酒造 Toshimori Sake Brewery Co.,Ltd. All rights reserved.