備前・雄町 こだわりの地酒蔵 -利守酒造- 酒一筋・醸句通信    第二五号
備前・岡山 こだわりの地酒蔵 -利守酒造-
利守酒造
地酒に対する心意気
酒づくり
酒づくりにかける職人たち
蔵元概要
醸句通信
蔵元情報
商品情報
蔵元直送
愛飲者の声・モニター募集
利守酒造 酒一筋
Toshimori Shuzo

2004年7月11日

酒一筋・醸句通信    第二五号

カテゴリー: メールマガジン — sakehitosuji @ 1:52 PM

今回のコンテンツ
  1.酒のウソホント
  2.おいしいお酒の飲める店▼ 「JYU」 
  3.毎回楽しい「百人一酒」


◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━
◆  醸句通信  No.25   2004.7
◆━━━━━━━━━━━━━━ 酒一筋 ◆◆
 天の与えたすばらしい力を内包する「赤磐雄町米」の米を守り
育て続けている「酒一筋」の蔵元からもっと美味しくお酒を飲んで
頂くために楽しいお酒のお話をお送り致します。
 このメルマガが、ほんのすこしでもあなたのお酒の楽しさに
プラスになればと思っております。
                        利守酒造株式会社
【麹蓋】(こうじぶた)
米麹をつくる為に使用する小
型の容器(材質は杉)の事。
麹をつくる上で一番手間の掛
かる製麹法です。
空の麹蓋を蓋としても使用し
ます。
※「田植祭」の時におにぎりを
盛っていた容器が昔使用して
いた「麹蓋」です。
気付いてましたか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.酒のウソホント ▽ 自然の連鎖
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 稲作にはいろいろな害虫がよってきます。ある
ものは茎を食うしあるものは葉を枯らします。こ
れは太陽の恵みを受けて稲という植物が栄養をた
くさんたくわえているからだといわれます。
雲霞(うんか)という小さい虫をご存じでしょうか。
この虫は毎年、外国からやってきます。正体は
蝉の一種で、春にマレー半島で生まれ、香港、上
海あたりで2度生まれ変わり、台風の気流に乗っ
て日本にやってきます。
顔にぶつかり目に飛び込むこの虫は、とんぼに
食われます。そのとんぼは蛙に食われ、連鎖する
虫や動物はやがてたんぼの肥料になるのです。
酒一筋が使用する「赤磐雄町米」の精米後の糠
(ぬか)は、田に肥料として戻してやります。
わらは、備前焼を焼く時に作品に巻きます。
(ひだすきと呼ばれる部分がわらの後です)
大きな作品を巻く時には長いわらが重宝します。
また、田の下からは備前焼用の良い粘土が採れ
ると言われています。
米作りから行っている酒一筋だから出来る無駄
のない循環です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.おいしいお酒の買える店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 酒一筋を美味しく楽しみたい方に。
こんなお店があります。是非お立ち寄り下さい。
▽ 「JYU 渋谷店」   年中無休
   東京都渋谷区渋谷2-22-3
渋谷東口ビル2F
      TEL:(03)-5468-0790
    
   営業時間:17:00~00:30  
 渋谷駅から歩いて3,4分のお店です。
魚料理から肉料理までなんでも肴に飲
めるお店です。
「メニュー」をみて「酒一筋」が無いぞ!
と思ったら
「店員さん、お酒の裏メニュー下さい」
と一声掛けて下さい。
何があるかは行ってからのお楽しみ。
いつも並んでいるので予約を入れて
から行った方がいいですよ。
ご予算:お一人3,000円程度から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.小倉あん子の「百人一酒」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
貞信公・ていしんこう
 小倉山峯の紅葉心あらば
   いまひとたびのみゆき待たなむ
《解釈》
貞信公は藤原忠平のことで、醍醐天皇
に仕えていました。
宇多上皇が、大井川にお出かけになった
時、そこから小倉山(京都)の紅葉が見事
に見えました。
宇多上皇は、その眺めを、自分の息子
である醍醐天皇にも見せたいと言われ
それを聞いた忠平が、その美しい紅葉を
詠んだ歌です。
 ■□■平成の百人一酒に酔人詠める歌■□■
   おぐら餡 練りのもみじまん 好みあらば
     いまいっぱいの お茶を待たなむ
 
《解釈》
「まんじゅうコワイ」という落語があります。
なんたって饅頭が大嫌いと自称する強が
りの男を懲らしめるためにその男の前に
いろいろな饅頭の山を作ります。
その男「あぁ饅頭がコワイよ、コワイよ」
と言いながらそのまんじゅうを片っ端から
食べだします。計られた一同、今度は何
がこわいかと尋ねると、「渋いお茶が一杯
こわい」と言ったというお話です。
小倉餡、練り餡、広島名物の紅葉饅頭を
食って「次にお好みは」と聞いたら
「一杯のお茶を」と「饅頭こわい」の話を
短歌にまとめたものです。
##########################################################
「田植祭」も無事終了!
ご参加下さった皆さんありがとうございました。
次回は、「収穫祭」でおまちしてます。
 蒸し暑い日が続きますね。
ちょっと夕涼みをしながら一杯・・・・
なんていいですね!
最近、私は「きもと純米吟醸」をロックで
ちびりちびりと飲んでます。
しっかりとした旨味と酸味がいいですよ。
「冬はぬる燗、夏はロックで」なんかCM
みたいですが・・・・一度お試し下さい!

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress

個人情報取り扱いについて  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
©Copyright1999-2019 利守酒造 Toshimori Sake Brewery Co.,Ltd. All rights reserved.