備前・雄町 こだわりの地酒蔵 -利守酒造- 酒一筋  醸句通信    第九三号
備前・岡山 こだわりの地酒蔵 -利守酒造-
利守酒造
地酒に対する心意気
酒づくり
酒づくりにかける職人たち
蔵元概要
醸句通信
蔵元情報
商品情報
蔵元直送
愛飲者の声・モニター募集
利守酒造 酒一筋
Toshimori Shuzo

2010年3月1日

酒一筋  醸句通信    第九三号

カテゴリー: メールマガジン — sakehitosuji @ 9:52 AM

今回のコンテンツ
  1.酒のウソホント
  2.毎回楽しい「百人一酒」
  3.おいしい話
  4.「酒一筋の会」ご案内

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━
◆  醸句通信  No.93   2010.3
◆━━━━━━━━━━━━━━ 酒一筋 ◆◆

 天の与えたすばらしい力を内包する軽部産「雄町米」
の米を守り育て続けている「酒一筋」の蔵元からもっと
美味しくお酒を飲んで頂くために楽しいお酒のお話を
お送り致します。

 このメルマガが、ほんの少しでもあなたのお酒の楽し
さにプラスになればと思っております。
                        利守酒造株式会社

 【甑倒し】 こしきだおし
「もう、甑倒しは終わったか?」
「甑倒しはいつ?」 
酒造りの末期になって、最後の醪
の仕込を終えることを甑倒しと言
います。
その日まで毎日据え付けていた甑
(米を蒸すための器具)が不要と
なり、甑を横に倒して洗うことか
らそう呼ばれています。
この日にはその年の仕込を無事に
終了した事を祝い祝宴を催す習慣
があります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.酒のウソホント    ▽ お酒はどれだけ飲めるか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お酒はどれだけ飲めるか
 お酒ファンなら、自分は果たしてどれだけ飲めるのだ
ろうかと思いめぐらしたことがあるでしょう。
でも、限界まで飲んだといえる人はそう多くはいません。
これはお酒を飲むことによって、酔いが ほろ酔い、
陶酔、酩酊、泥酔、昏睡と深まっていき、限界を超すと
一命にかかわることを本能的に知っているからです。
酔うということを、科学的な計算で示しますと、体内に
どれだけアルコールが入り、どれだけ消化されたかとい
う「たし算・引き算」の関係なのです。 
たし算の方は、飲んでいるお酒の量とアルコール分を掛
ければ答えが出ます。引き算の方は、肝臓のアルコール
消化能力で、「体重1kg当たり0.1mg/1時間」といわれ
ています。引き算のほうは、あまり早くないのです。
ですから、「ゆっくり飲もう、時間を掛けて飲もう。
飲んだらアルコールが完全に消化するようにたっぷり睡
眠時間を取ろう」といわれます。
体内のアルコール分が高くなると、脳の働きが鈍くなり、
やがて麻痺してきます。
これ以上は危険という限界です。
そこでほとんどのお酒ファンは飲むのを止めます。
 さて、前に上げた計算をやってみると、飲める量は意
外に少ないのです。この方の研究家は、一時間に日本酒
なら1合といいます。計算では肝臓はこの量を消化し切
れませんから、酔いが深まっていくのです。
私たちはどうも専門家が示す酒の量を超して飲んでいる
ことが多いですね。どうしてでしょうか。 
酒の神様は、飲める量について、オマケを付けてくれま
した。どうも、肝臓で消化する以外に、汗、呼気、排泄
などで、約25%のアルコールを体外に排出してくれてい
るらしいのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.小倉あん子の「百人一酒」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 鎌倉右大臣
 (かまくらのうだいじん)

 世の中は常にもがもな渚こぐ
  あまの小舟の綱手かなしも

《解釈》
  世の中は永遠に変わらないものであ
 ってほしいな。
 永遠や生への願い、景と情が一つにな
 って、人生の哀歓を込めた歌となって
 いる。
 

 ■□■平成の百人一酒に酔人詠める歌■□■

  世の中は 常に付いてくる酒と金
    朝のお膳で ツナで一杯

 
《解釈》
 江戸時代の親不孝は「おてんとうさま
と米の飯は付いて回る」と豪語して家出
をしたそうです。
平成の飲んべえはこれに劣らぬ楽天家で、
「酒と金は付いて回る」なんていってい
るそうです。たしかにそのようです。
朝飯にツナを肴に一杯やれるような身分
になりたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.おいしい話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チーズと日本酒の美味しい関係をお楽しみ下さい!
 
 「チーズに旬はありますか?」よく聞かれる質問です。
「はい、あります。」今、旬真っ只中なのが羊の乳で造
られるチーズです。
では何を目安に旬というのか。
それは人間と同じように動物のお母さんも子供を産んだ
後に豊富なミルクをだします。しかもこの時期、新鮮な
青草を食んだ羊の乳が美味しいのは言うまでもありません。
そのミルクで造られたチーズは、タイプにより熟成とい
う月日を経てその食べ頃をむかえます。
でもせっかくならばこの時期ならではの良質なミルクで、
作りたてのチーズが食べたいとは思いませんか。
そう、今回紹介するのはそんなチーズなのです。
「カイエ・ド・ブルビ」のうまれはフランスとスペイン
にまたがるピレネー山脈の丘陵地帯。
その西端のバスク地方です。やはりこの地域は羊乳チーズ
の宝庫。熟成させるタイプで有名なものに「オッソー・
イラティ」があります。
このチーズに対してこちらはフレッシュタイプで水分
が多いため、陶器か紙カップの容器入りです。
例えるならばプルンツルンと杏仁豆腐を思わせる見た目
と食感。これは賞味期限約10日というのもうなづけます。
冷製デザートの感覚でもちろんそのままでも。
フルーツを入れたりお好みでハチミツなどをかけても。
またお肉のソテーに添えて現地の食べ方を真似るのも楽
しいでしょう。
このチーズは酸味は控えめで羊乳独特の甘味。
酒一筋さんの純米吟醸 生もとが冷やしても甘酸がきれ
いにでるので、冷やしたチーズそのままと合わせてみれ
ば、口中で酒がソースがわりに広がる感じが新鮮。
お肉料理と合わせた時はぬる燗にしたらより馴染みます。
春うらら…チーズで旬を味わうのもおつなものですよ。

 D&F テイスティー アドバイザー 粂田 康子

————————————
【チーズのお問合せ】
株式会社フェルミエ Fromagerie Fermier
【本店】
東京都港区愛宕1-5-3
  愛宕ASビル1階
http://www.fermier.fm/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.酒一筋・蔵元を囲む会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 池袋の名店・坐唯杏別館で酒一筋を楽しむ会が開催さ
れます。「酒一筋・きもと純米吟醸」をはじめとする隠
し酒と坐唯杏のおいしい料理を一緒に楽しみましょう!

 「酒一筋・蔵元を囲む会」

  日時:3月25日 19:00開演(18:30開場)

 会場:坐唯杏・別館
東京都豊島区東池袋1-31-1(豊島区役所裏)
http://www.sakehitosuji.co.jp/summary/drink/d/?c=17

  参加費:¥8000

   定員:30名

着席式・日本料理、
 会席フルコース(テーマ:貝尽くし)全 11品

※お問合わせ・お申し込み:坐唯杏 
           電話03-5957-2207
           

##########################################

 酒一筋の蔵の中でも甑倒しが終わり、今期の酒造り
もほぼ終了です。
酒造りが終わったと思っていると米作りが始まるんで
すよね。
今期の新酒はいかがだったでしょうか?
旬の時に旬の肴と旬のお酒で楽しんで下さい。
今月は有志蔵元のきき酒会、池袋で開催する「酒一筋
の会」と春ならではのお酒の会が、是非皆さんのご参
加オマチしております!
 
【染井櫻】
 毎年、染井櫻発祥の地(豊島区)で開催されている
「染井櫻祭り」。このイベントの記念酒として限定酒
が毎年発売されています。
今年は縁あって酒一筋の梅酒「純梅酒」が記念酒の
一つとして採用されました。うれしいですね!

◆醸句通信(日々の出来事を不定期に随時更新中)
   http://www.sakehitosuji.co.jp/wp/

◆蔵元情報(イベント等のご案内を随時掲載中)
   http://www.sakehitosuji.co.jp/brewery/

※一部のコンテンツは携帯電話からもご覧いただけます!
(アドレスは同じで http://www.sakehitosuji.co.jp )

 皆さんからのコメント、トラックバックお待ちしております。

… … … … … … … … … … … … …
 また、みなさんのお酒にかかわる情報、それ以外
のものでも結構ですからどしどしご返事・お便りを
ください。
「これはおもしろかった」「こんな事が知りたい」・・
あの人にも送ってほしいなどのご要望がございましたら
お知らせ下さい。

 また、このメルマガがご迷惑になるようでしたらご
一報ください。早速、宛先リストから削除いたします。
ご迷惑をお掛けしている方々にはお詫び申しげます。 
                        利守酒造株式会社 
             
                        編集担当・明日香

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

Powered by WordPress

個人情報取り扱いについて  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
©Copyright1999-2019 利守酒造 Toshimori Sake Brewery Co.,Ltd. All rights reserved.