備前・雄町 こだわりの地酒蔵 -利守酒造- 酒一筋  醸句通信    第九一号
備前・岡山 こだわりの地酒蔵 -利守酒造-
利守酒造
地酒に対する心意気
酒づくり
酒づくりにかける職人たち
蔵元概要
醸句通信
蔵元情報
商品情報
蔵元直送
愛飲者の声・モニター募集
利守酒造 酒一筋
Toshimori Shuzo

2010年1月2日

酒一筋  醸句通信    第九一号

カテゴリー: メールマガジン — sakehitosuji @ 9:10 AM

今回のコンテンツ
  1.酒のウソホント
  2.毎回楽しい「百人一酒」
  3.おいしい話
  4.おいしいお酒の飲める店

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━
◆  醸句通信  No.91   2010.1
◆━━━━━━━━━━━━━━ 酒一筋 ◆◆

 謹賀新年
 旧年中のご愛読に感謝申し上げます
 本年も酒一筋をよろしくお願い申し上げます

 天の与えたすばらしい力を内包する軽部産「雄町米」
の米を守り育て続けている「酒一筋」の蔵元からもっと
美味しくお酒を飲んで頂くために楽しいお酒のお話を
お送り致します。

 このメルマガが、ほんの少しでもあなたのお酒の楽し
さにプラスになればと思っております。
                        利守酒造株式会社

【甘酒】(あまざけ)
 一夜酒、醴酒とも言い、
昔は熱いものを「ふうふう」
吹いて飲むのが消夏法とさ
れていました。
俳句では夏の季語なんです。
イメージがわきませんよね。
どうしても酒蔵では酒粕を溶
いて作ると言うイメージから
酒粕の出る寒い(冬)となっ
てしまいますが。

 この季節、吟醸粕で作る甘酒
は体も心もホットにしてくれます!
 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.酒のウソホント    ▽ 上戸と下戸
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お酒を飲む人を上戸といいます。
飲まない人を下戸といいます。
「酔い覚めの水、下戸知らず」とは、飲んべえに対して
飲まない人が色々言うのに、酔い覚めの水のおいしさは
飲まない人にはわからないだろうと、強がりを詠んだも
のです。
この上戸、下戸という言葉の語源は、今から千年も前に
出来たものなのです。
奈良時代のころ、国勢調査のようなものをやりました。
一家ごとに家族構成を調べました。田畑の耕作以外に何
の産業もないころです。労働力だけが財産でした。
そこで、働ける大人の人数の多い家を「上戸」、少ない
家を「下戸」と区分けしたのです。
これだけではお酒とは関係ありません。
ところが、実は関係があるのです。 
その当時、お酒は役所から配給されたのでした。
その割当量は、当然のことですが大人の人数が多い家に
はたくさん割り当てられました。
つまり、上戸の家にはお酒がたくさん割り当てられた訳
です。
そこから、お酒が飲める人のことを上戸と呼ぶように
なったというのですが、これはずいぶん飛躍した連想で
すね。大人が少ない家だったはずの下戸という言葉が、
お酒を飲まない人という意味になったのには無理があり
ますね。
「ジョウゴ」という瓶に酒などを入れるときに使うアサ
ガオ型の器具があります。あれはほんとうは漏斗という
のですが、ジョウゴとも呼びます。
これは、「お酒をどんどん飲んでしまうから…上戸だ」
ということで、ジョウゴと呼ぶようになったのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.小倉あん子の「百人一酒」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 後京極摂政前太政大臣
 (ごきょうごくせつしょうさきのだいじょうだいじん)

 きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに
  衣かたしき独りかも寝む

《解釈》
  コオロギの無く霜夜の寒い床に衣の片袖を
 敷いてひとり寂しく寝るのだろうか。
 ちょっとせつない歌ですね・・・
 

 ■□■平成の百人一酒に酔人詠める歌■□■

  キリギリス 鳴いて夏中過ごしたが
    衣脱ぎ質へ ひとり飲むねん

 
《解釈》
 イソップ話の「アリとキリギリス」の話です。
キリギリスは夏中楽しく遊んで暮らしました
とさ。男の子と女の子がじゃれあって、稼い
だお金だけでなく、親からもらったお金まで
使い切ったとさ。
秋がきて冬になって、その寒さの中で着てい
るものを質に入れ、そのお金でお酒を手に入れ、
あの取り巻き連中を誘ったのですがもう誰も
いない。そこで淋しく一人酒を飲んだという
お話。
これを聞いた飲んべえは、「見上げた根性」
とキリギリスを褒めたというおまけ話もあり
ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.おいしい話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 チーズと日本酒の美味しい関係をお楽しみ下さい!
 
 年の始めはチーズの分類からいきましょう。
造り方の違いにより様々なスタイルに仕上がるので、
それらを解りやすくタイプ別に分類します。
「フレッシュ」熟成させず早めに食べた方が美味しい。
(日本酒でいえばしぼりたてといった感じ)
「白カビ」周りが白いカビに覆われ中身はやわらかめ。
「青カビ(又はブルー)」名の如く中に青カビが入っている。
「ウオッシュ」名前が表している通り、形になったチーズ
の表皮を塩水かお酒で洗って熟成させる。
「セミハード・ハード」度合いは様々だがだいたいは固め
な締まった組織をしている。
「シェーウ゛ル」山羊乳から造られるチーズの総称。
さてこの中で皆さまに馴染みがあって食べる機会が多いと
いうのは、白カビになるのではないでしょうか。
代表選手はその名も有名なカマンベールですね。
こちらは歴史も古いチーズですが、最近は新しいチーズも
色々と開発されています。
「カッショッタ・デリ・アンジュリ」はイタリア語で
「天使の小さなチーズ」という意味。
そのロマンティックな名前を裏切らず、フワァ~っと
やわらかく爽やかで優しい味わいです。
牛乳と羊乳の混乳のバランスがよい味わいには実に日本酒
が合わせやすいのです。
ただ、白カビが主張しすぎてしまう事もあるのでその際は
外してあげれば問題ないでしょう。
内助の功といった感じのチーズはあらゆるタイプの酒にも
支え上手で相方のよさを引き出してくれること請け合いですよ。

 D&F テイスティー アドバイザー 粂田 康子

————————————
【チーズのお問合せ】
株式会社フェルミエ Fromagerie Fermier
【本店】
東京都港区愛宕1-5-3
  愛宕ASビル1階
http://www.fermier.fm/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.おいしいお酒の飲める店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽ 「らんぽう」 
   東京都渋谷区初台1-37-11 2階 
 
   電 話:03-5388-6665       
  営業時間:17:30~25:00
   定休日:年中無休

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 初台の駅を降りて3分程度の場所にある
ちょっと隠れ家的なお店です。
(一階に小さな看板があるだけなので見落
とさないように)
お酒に合うオリジナル料理も豊富

##########################################

 本年もよろしくお願い申し上げます
 
年末ぐらいから急に寒くなった気がします。
年が明けてからは各地で大雪が降ったりと冬
らしくはなったものの寒いですね!
 季節限定の新酒しぼりたても予定通りの発売
とはいきませんでしたが、無事すべて発売され
ました。(中にはすでに完売した商品も)
蔵の中ではお休み無しで発酵中!
旬の時期に旬のお酒を旬の料理とともにお楽し
み下さい。
 「大吟醸の音色」(発酵中の様子)
を撮影したので是非ご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=LemYZsnB0Vc

◆醸句通信(日々の出来事を不定期に随時更新中)
   http://www.sakehitosuji.co.jp/wp/

◆蔵元情報(イベント等のご案内を随時掲載中)
   http://www.sakehitosuji.co.jp/brewery/

※一部のコンテンツは携帯電話からもご覧いただけます!
(アドレスは同じで http://www.sakehitosuji.co.jp )

 皆さんからのコメント、トラックバックお待ちしております。

… … … … … … … … … … … … …
 また、みなさんのお酒にかかわる情報、それ以外
のものでも結構ですからどしどしご返事・お便りを
ください。
「これはおもしろかった」「こんな事が知りたい」・・
あの人にも送ってほしいなどのご要望がございましたら
お知らせ下さい。

 また、このメルマガがご迷惑になるようでしたらご
一報ください。早速、宛先リストから削除いたします。
ご迷惑をお掛けしている方々にはお詫び申しげます。 
                        利守酒造株式会社 
             
                        編集担当・明日香

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

Powered by WordPress

個人情報取り扱いについて  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
©Copyright1999-2019 利守酒造 Toshimori Sake Brewery Co.,Ltd. All rights reserved.