備前・雄町 こだわりの地酒蔵 -利守酒造- 磯崎 哲也さんより~埼玉県在住
備前・岡山 こだわりの地酒蔵 -利守酒造-
利守酒造
地酒に対する心意気
酒づくり
酒づくりにかける職人たち
蔵元概要
醸句通信
蔵元情報
商品情報
蔵元直送
愛飲者の声・モニター募集
利守酒造 酒一筋
Toshimori Shuzo

2007年1月13日

磯崎 哲也さんより~埼玉県在住

カテゴリー: お便り — sakehitosuji @ 2:29 AM
~ 知人から「酒一筋」を頂いて~

深海を思わせる瑠璃色、一見ワインボトルを思わせる。
ワイングラスで飲めそうな日本酒。若い女性に受けそうな外観だ。
これだけでも第一印象は強烈である。


酒の風味を保つために、いろいろと工夫をしてあるのか?と思いつつ封を切る。
「こういう瓶だから、それに合った猪口を使ってみれば?」というアドバイスに素直に従い、トクトクと「酒一筋」を猪口に注ぐ。猪口に口を近づけると、ほのかに甘い香りがする。

うまそうな酒だ!

ワクワクしながら、ひとくち口に含み、舌の上で転がしてみる。
甘さが口いっぱいに広がり、結構甘口の酒かな?と思いつつ飲み干すと、先ほどの甘さがサッと消え去り、辛口のすっきり後味が心地よい余韻となる。
新潟の「久保田」も美味しかったが、「酒一筋」の方が私には合っているように思う。子供が寝静まった後で、ゆっくりと味わいたい。

美味しい酒はチビチビ呑むことにしよう。

呑んで一句
瑠璃色の深海思う美味しい酒
深海の思い巡らす美味しい酒


何を呑まれたのでしょうか?
「懐古日本酒」or「酒一筋 純米大吟生」のどちらかかな。
口に含んだ時に広がった「甘さ」は「旨味」です。
これが「赤磐雄町米」ならではの「旨さ」なのです。

お手紙、ありがとうございました。
酒一筋賞として「備前焼 ぐいのみ」を贈呈致します。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress

個人情報取り扱いについて  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
©Copyright1999-2019 利守酒造 Toshimori Sake Brewery Co.,Ltd. All rights reserved.