備前・雄町 こだわりの地酒蔵 -利守酒造- 松本秀樹さんより ~埼玉県在住
備前・岡山 こだわりの地酒蔵 -利守酒造-
利守酒造
地酒に対する心意気
酒づくり
酒づくりにかける職人たち
蔵元概要
醸句通信
蔵元情報
商品情報
蔵元直送
愛飲者の声・モニター募集
利守酒造 酒一筋
Toshimori Shuzo

2007年1月13日

松本秀樹さんより ~埼玉県在住

カテゴリー: お便り — sakehitosuji @ 2:28 AM


お酒をたずねて、備前めぐり

宇野バスを降りると橋の向こうに白い壁と杉玉が見える。
橋を渡ると桃の形の欄干の向こう側から桃太郎が、よく見ると利守酒造の若旦那でした。


蔵の案内をしていただいて後、最後に案内された部屋で待っていると、杜氏の田村さんが登場。

公民館の茶碗のような大きな利き猪口でラベルの無い茶色のびんから、いくつかの酒一筋を注いでいただいた。
猪口に口を近づけると華やかな香りが鼻に飛び込んでくる。

口に含むと厚みのある味がいっぱいに広がりのどを過ぎるともう一度香りだけを残してすっと消えていく。
目を上げると田村さんの気迫と共に「どう?」と視線が聞いている。

「おっ美味しいです」それだけやっと答えながら、素晴らしいお酒を「美味しい」としか表現できない語彙の無さを深く深く反省しながら、心地良い酔いとともに「うまい、うまい」と小声でつぶやきながら飲む酒一筋であった。(ただの酔っ払い?)

当然帰りには、リュックいっぱいの酒一筋と備前焼の猪口を買って、埼玉のお山に帰りました。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress

個人情報取り扱いについて  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
©Copyright1999-2019 利守酒造 Toshimori Sake Brewery Co.,Ltd. All rights reserved.